あつまれ辺野古500人行動~基地建設止める奇跡の一週間

あつまれ辺野古!ゲート前500人行動公式ブログ。工事は止まる。奇跡の一週間をつくろう。

「奇跡の一週間」日々の記録

「あつまれ辺野古」後半最終日

集中抗議行動最終日。朝から土砂投入延期を喜ぶ人々が続々と集まった。 座り込みテントは歌と踊りで湧き上がる。正午過ぎには約320名がテント村に集まり交流を深めた。 翁長知事を追悼する横断幕に、多くのメッセージが寄せられた。 海上では護岸工事なし。 …

「あつまれ辺野古」後半1日目

朝から200人余がゲート前にあふれた。翁長知事の死去後、強行に工事を進めるのは知事選にマイナス効果になるとみてか、資材搬入の車両はなし。国は県知事選のことしか頭にないようだ。しかし海上では護岸を固める工事が着々と進められている模様。 翁長知事…

8.11辺野古新基地建設断念を求める県民大会

辺野古新基地建設断念を求める県民大会。 荒天の中、主催者発表で7万人が結集。 コバルトブルーの帽子。 翁長さんが今日のために選んだ色。 辺野古のイノーの色だ。 次男・雄治氏。 涙ながらに故翁長知事の言葉を読み上げる。 「沖縄は試練の連続だ。しかし…

「あつまれ辺野古」5日目

集中行動前半最終日。資材搬入なし。抗議船の乗船希望者が多く、のべ45名が海上から工事の現況確認と抗議を行った。訓練中の海兵隊の姿が見える。 護岸は被覆ブロックの設置が完了、いよいよ強固な壁が出来上がってしまった。 ゲート前には稲嶺進 前名護市長…

「あつまれ辺野古」4日目

悲嘆の夜が明けて。ゲート前は故人を悼む人々で溢れた。 「沖縄の人はこんなとき、一人でいられない。一人では耐えられない」山城ヒロジ

「あつまれ辺野古」2日目

8月7日、「あつまれ辺野古」2日目。今日も早朝から約60名が埋め立て用土砂の搬出拠点である本部町塩川港に集まった。が、昨日同様港はもぬけの殻。本日の搬出なしとみて、嘉手納の沖縄防衛局へ移動することに。 嘉手納町、沖縄防衛局。 県民の同意を得ぬまま…

「あつまれ辺野古」1日目

辺野古埋め立てに使う土砂は本部(もとぶ)町塩川港から海路で搬出される。8月17日以降はここでのたたかいが非常に重要になってくる。今日はおよそ100名の仲間が早朝から結集し土砂の積み出し阻止に備えた。 いつも大量に配置される防衛局員が、今日はいつまで…

「奇跡の一週間」5日目

「奇跡の一週間」5日目、4月27日の記録です。 歌が聞こえてくる。 米軍のフェンスと機動隊のバスの間に生まれた奇妙な空間から。 寺山修司の前衛演劇をリアルが凌駕する。 [スタッフA] 「金より子どもの未来を守る」 [スタッフR] 「座り込め~此処へ…

「奇跡の一週間」3日目

「奇跡の一週間」3日目、4月25日の記録です。 機動隊が工事用ゲートを封鎖している。初めて見る光景。 [スタッフA] 辺野古ゲート前500人行動3日目。今日も多くの人々がゲート前に集まった。 [スタッフW] キャンプ・シュワブの中からゲート前の様子を…

「奇跡の一週間」2日目

「奇跡の一週間」2日目、4月24日の記録です。 機動隊が国道を封鎖。国道を封鎖して工事車両を入れる。かれらにとって優先すべきものは何なのかがよく分かる。 [スタッフK] 襲いかかる機動隊。スクラムを組み剥がされまいとする人たち。力では決して敵…

「奇跡の一週間」1日目

「奇跡の一週間」1日目、4月23日の記録です。 500人近い人が結集している。もう1時間25分、機動隊は排除できないでいる。排除されても何度も座り込む。機動隊の疲労も激しい。いまこの瞬間が辺野古の座り込みの分水嶺かもしれない。 [スタッフA] 膠着…